神戸紅茶について

日本で初めてティーバッグの機械製造をしたパイオニア

「神戸紅茶」についてご紹介します。神戸紅茶は大正14年(1925年)に地元行部で創業した紅茶メーカーです。昭和36年(1961年)には、日本で初めて紅茶ティーバッグの自動包装機をドイツから導入し、機械製造を行った紅茶業界のパイオニアです。以来、長きにわたり、国内初の本格的な紅茶メーカーとして、日本紅茶市場への製品供給を担ってまいりました。

品質を見極める紅茶鑑定士

神戸紅茶には日本でも数少ない紅茶鑑定士が2名在籍しています。紅茶鑑定士とは世界各地から届くサンプルをテイスティングし品質を見定め、適正価格で紅茶の買い付け等を行う紅茶のプロフェッショナルです。テイスティングや買い付け、ブレンドレシピの作成など、専門的な業務経験を十分に積んだものだけが使うことが許される称号のようなものです。この「紅茶鑑定士」が、日本の水(軟水)に合わせてブレンドをしています。神戸紅茶の品質は彼らによって変わらない味を届けることができるのです。

ひときわ香り高い紅茶を神戸から

毎年、世界中の茶園からクオリティーシーズンの茶葉を厳選して買い付け、ブレンド、製造、販売までを一貫して行ない、高品質を保持しています。高級ホテルや大手カフェチェーンをはじめ、紅茶専門店やお土産屋さんなどあらゆるところで神戸紅茶の商品を取り扱っていただいています。神戸の地からひときわ香り高い紅茶を皆さまのもとへお届けします。