ルフナ

スリランカ南部のロー・グロウンを代表する産地。ボディの強い重厚な味で人気のルフナをご紹介いたします。

ルフナ Ruhuna ロー・グロウンなボディの強い重厚な味

ルフナ地方ルフナ地方
ルフナ FBOPルフナ FBOP
ルフナの水色ルフナの水色

現地語で南を意味するルフナは、標高600m以下のスリランカでは一番低い産地であるロー・グロウンにあたります。

強く発酵させ強乾燥することにより、真っ黒な茶葉になるため、ブラックリーフとも呼ばれています。日本では、あまり馴染みがないかもしれませんが、中近東や北アフリカ等が好んで輸入し濃く出したっぷりと砂糖を加えたアラビアン・チャイで楽しんでいます。

非常に濃い水色と渋みが強くパンチの効いた味、重厚な甘い香りが特徴でミルクティーにしてもおいしく味わえます。


セイロン・ロー・グロウンとは?

スリランカでは標高によって、0~600mのロー・グロウン、600~1,200mのミディアム・グロウン、1200m~1800mのハイ・グロウンの産地が大きく三つに分けられています。ロー・グロウンは、地理的にも一番南部にあり、暖かい気候になっています。ロー・グロウンは、アッサム種が多くコクがあるのが特徴です。


おすすめの飲み方

ストレート
●飲み方:ミルクティー、ロイヤルミルクティー、チャイ
●シーン:アーリーモーニングティー、ブレックファストティー、ハイティー


ルフナのクオリティーシーズン

ルフナのクオリティーシーズン

-KOBE TEA CHART- ルフナ

-KOBE TEA CHART- ルフナ
コク
-KOBE TEA CHART- ルフナ
渋み

水色

-KOBE TEA CHART- ルフナ
濃さ
-KOBE TEA CHART- ルフナ
明るさ

芳香

-KOBE TEA CHART- ルフナ
華やか


ルフナを使用した紅茶はこちら